身体を傷付けることなく美容する隆鼻術のフレックスノーズ

身体を傷付けることなく美容する隆鼻術のフレックスノーズ

全ての女性というのは身体のどこかしらに解消したい悩みを持っているもので、中でも胸の小ささで悩んでいる人が多くいます。
効果的な豊胸術が今では確立しており、プチ整形感覚で悩みを解消することが出来るのです。 フレックス・ノーズというのは、特許を取得している特殊な糸を使用することとなる切る必要の無い隆鼻術なのです。
数多くの方の悩みを解消してきているこの施術はとっても気軽な施術となるのでダウンタイムを必要としないのです。

 

鼻筋を整える方法として、フレックス・ノーズ以外では耳にある耳介軟骨を挿入する治療方法も考えられます。
しかし耳介軟骨の挿入にもデメリットがあり、それが全ての軟骨を完全に除去することが出来ないこととなるのです。

 

フレックス・ノーズ以外の方法で行いますと、場合によりましては理想通りの鼻に整えることが困難なこともあります。
また加齢によって再施術が出来なくなってしまうこともありますので、早目に診断を受けるようにしましょう。



身体を傷付けることなく美容する隆鼻術のフレックスノーズブログ:2019年10月24日

2週間前、妻とむすめを連れて
わしは品川へ行った。

13時間、妻は用事があるため、
わしはむすめといろんなところに遊びに行った。

コンサートに行ったあと、
わし自身がどうしても行きたかった展覧会に
むすめを連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと妻ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
妻のジャンヌはそのふつか後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜかわしはジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

むすめは幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

わしは足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこでむすめが大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
むすめをなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
むすめは大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
わしは、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
わしはがっくりと肩を落として会場を後にした。

品川から帰ってきて、
我が家でむすめと遊んでいる今、ふと、
わしはその時のことが思い出されてきた。


ホーム サイトマップ