ポラリスを受けることで悩みの皮膚のたるみを改善

ポラリスを受けることで悩みの皮膚のたるみを改善

女性にとって永遠のテーマである美容というのは、自分自身の努力では難しいこともあり、中には不可能な美容もあります。
例えば豊胸はそう簡単には実現させることが出来ず、美容クリニックなど専門の店舗で実現させる必要があるのです。 しわやたるみ、また毛穴が大きく開いてしまうのは、皮膚のたるみが最も大きな原因となります。
ほとんどが加齢によって症状が出てきてしまうことになりますが、美容クリニックでは効率的に改善できます。

 

ポラリスというのは、電気的エネルギーを皮膚の深部に与えることで、細胞に大きな刺激を与えることが出来ます。
お肌にとって最も大切な成分であるコラーゲンを活性化させ、お肌に若返り効果を与えてくれます。

 

ポラリスでしたら、皮膚の表面にダメージを与えることなく、ピンポイントで真皮層を刺激することが出来ます。
非常に即効性があることで人気となっており、施術後すぐにお肌の変化を感じることが出来たという人が多くいらっしゃいます。



ポラリスを受けることで悩みの皮膚のたるみを改善ブログ:2020年02月16日

僕は、心と体が別々のもののように感じていました。

そうとは意識していませんでしたが、
例えば、心はがんばろうと思うのに、
体が動いてくれない、悔しい、情けない…
そんなことを何千回となく思った日々がありました。

がんばれないのは、うまくいかないのは、
この体のせい…と体を責めていました。

同時に、でもやっぱり体をうまく動かせない心が悪いんじゃない?
という疑念もあって、心も責めていました。

また、体に嫌悪感を感じていました。
体って当然のごとく汗もかくし、排泄もする。
欲しくはない脂肪だってつくし、顔にはシワもシミもできる。

入浴しなければ汚れて臭う。
ニンニクでも食べればかなりの口臭がする。げっぷも出る。
体の調子が悪い時は吐き戻すこともある。

そういった生理的な体の反応すべてに対して、
何か「汚い」という感覚がありました。

赤ちゃんや幼いお子様は肌もつるつるしててキレイですが、
大人になるにつれて、年をとるにつれて、体全体がどんどん汚れていく…
そんなふうにも感じていたように思います。

ですから、大人になることへの拒否感も持っていましたね。

さらに、
どこか自分に生身感がありませんでした。
体で生きてる実感がイマイチないというか…
自分のことをサイボーグのように感じていました。

ともかく、そのせいだと思いますが、
体を大切にしようという気が起きませんでした。

頭では、理屈はわかってはいました。
体をケアすることは大切なことだと…
気持ちのコンディションにも影響しますしね。

でも、体のケアをすることにあまりやる気を感じられなくて、
がんばってやっていても、ムダなことをしているような、
無意味な感じをよく感じていました。


ホーム サイトマップ